Event is FINISHED

Good Africation Meetup 2019

Description
2019年8月28日~30日、第7回アフリカ開発会議(TICAD7)がパシフィコ横浜で開催されます。世界中から注目を浴びるイベントであり、期間中にはアフリカに関連したイベントが多数開催されます。

アフリカクエストは、アフリカ関係者が多く集まるこの時期に、アフリカへの関心を広げることを目的に、プレTICADイベント"Good Africation Meetup 2019"を開催します!

会場を大きく3つのゾーンに分け、ビジネス、カルチャー関連の「トークセッション」「ワークショップ」「ブース出展」の3つのコンテンツをお届けします。

アフリカへのビジネス進出を考えるトークセッションから子どもも参加できるワークショップまで幅広いコンテンツを用意しておりますので、子どもから大人まで多様な人々がアフリカに関わることができる機会となれば嬉しいです。

入退場自由ですので、参加したいコンテンツに合わせてご来場ください!また会場ではアフリカ料理などの軽食やドリンクもご用意しております。

┏━━━━━━━━━━━━┓
◆1.概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【日程】2019年8月25日(日)11:30〜17:30(受付開始:11:00〜)※入退場自由
【場所】スカイライトコンサルティング株式会社(東京都港区赤坂2丁目17-7 赤坂溜池タワー 12F)
【アクセス】溜池山王駅より徒歩7分、赤坂見附駅より徒歩10分
【参加費】社会人:2,000円、学生:1,000円、高校生以下:無料
※当日参加も受け付けております。直接会場にお越しください!!
【定員】150名
【プログラム】

  1. トークセッション全4回(アフリカビジネス関連、スポーツ関連、産学連携の取り組み、大学生の活動などテーマ別に実施)
  2. ワークショプ4回(1回30分〜1時間程度)
  3. ブース5団体程度(アフリカグッズ販売・飲食など)
┏━━━━━━━━━━━━┓
◆2.コンテンツ内容
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

① アフリカビジネスのトレンドを語る!~現地スタートアップと日系企業の動向より~(12:30~13:50)

トークセッション第1弾は、アフリカビジネスラボ特別編として、アフリカで現地スタートアップに投資を行うサムライインキュベートアフリカ代表の寺久保さんとJETROナイロビ元所員の島川さんをお招きします。

既に14社の現地スタートアップに投資をし、支援を行っている寺久保さんから現地スタートアップの現状やトレンドについてお話いただきます。またタンザニア、ケニアに駐在経験があり、日系企業の進出支援や現地のスタートアップとのマッチングに注力されてきた島川さんより、日系企業のビジネス動向についてご紹介いただきます。

後半クロストーク形式で、現地スタートアップ×日系企業のコラボの可能性や、今はアフリカ諸国に投資する理由などをざっくばらんにお話いただく予定です。

◆イベント詳細:https://web.facebook.com/events/476654063184498/

◆ ゲストスピーカー①:サムライインキュベートアフリカ CEO 寺久保 拓摩

◆ プロフィール:学生時代バングラデシュのグラミン銀行にてマイクロファイナンス事業に従事、その後2014年にサムライインキュベートへ入社し日本・イスラエルを中心にオープンイノベーションを実施し多数のスタートアップ・大企業を支援。イスラエルでは現地スタートアップと村田製作所の共同事業立ち上げの支援等を中心に、日本の自動車メーカーや建機メーカー等多数の日本企業と現地スタートアップの共同支援経験を持つ。2018年、サムライインキュベートの子会社としてアフリカ大陸のルワンダ共和国に移住しスタートアップを支援するVC、リープフロッグベンチャーズ(現:サムライインキュベートアフリカ)を設立し代表取締役に就任。

◆ ゲストスピーカー②:日本貿易振興機構(JETRO)ナイロビ事務所 元所員 島川 博行

◆ プロフィール:2006年 日本貿易振興機構(ジェトロ)入構、総務部経理課配属、2009~2012年 ジェトロ盛岡貿易情報センター勤務(海外市場開拓担当)、2012~2014年 JICAタンザニア事務所勤務(出向、エネルギー・産業開発・民間連携担当)、2014年 10月~2018年7月 ジェトロ ナイロビ事務所勤務(調査、事業担当)、2018年7月~ジェトロ東京本部ビジネス展開・人材支援部新興国ビジネス開発課

◆ モデレーター:一般社団法人アフリカクエスト 代表理事 横山裕司

◆ プロフィール:一般社団法人アフリカクエスト代表理事(Africa Quest.com編集長、アフリカオンラインコミュニティ”AI-HUB”主宰者)、アイ・シー・ネットアフリカ事業グループリーダー、ICTA LTD CEO(ケニア現地法人)、エイズ孤児支援NGO・PLAS 理事を兼任。 大手証券会社退社後、青年海外協力隊としてケニアへ渡航。貧困地域に暮らす女性たちへの収入向上支援を行う。ケニアに雇用を生むことをビジョンにソーシャルベンチャーを共同設立し、2015年9月まで約2年にわたり運営を行う。現在は、アフリカと日本を繋ぐコーディネーターとしてアフリカでの事業開発支援やメディア運営、国際支援活動など様々なアプローチからアフリカの課題解決に取り組んでいる。

② MBAがなぜアフリカに? ビジネススクールからみたアフリカの魅力と課題(14:00〜15:00)


日本最大のMBAを輩出しているグロービス経営大学院。その卒業生や在校生が、スタートアップやNPO、クラブ活動を通してアフリカの課題解決に取り組んでいます。

彼らは今、なぜアフリカに進出するのか?アフリカ市場の魅力や、起業に至った経緯、実際に進出してからの課題など、さまざまな視点でアフリカ市場の魅力と課題を話していただきます。

◆ 詳細:https://www.facebook.com/events/763655190697865/

◆ ゲストスピーカー①:DIVE INTO CODE 野呂 浩良

◆ プロフィール:DIVE INTO CODE 創始者。2019年7月よりルワンダ共和国にプロのITエンジニアを育成するスクールを創設、自ら講師を担当。アフリカ全土にIT教育を届けるため、ルワンダに持続可能な教育のエコシステムを構築中。

◆ ゲストスピーカー②:NPO法人AfriMedico 町井恵理

◆ プロフィール:NPO法人AfriMedico 代表理事。薬剤師。アフリカのニジェール共和国で2 年間医療ボランティアに従事。 現地の経験から医療環境を持続的な仕組みで改善したいと考え、大学院(MBA)の研究を経て2015年NPO法人AfriMedico 設立。 2014 年東京都 TOKYO STARTUP GATEWAY 最優秀賞 2016年人間力大賞受賞 2017年 Forbes JAPAN 「世界で戦う日本の女性55人」選出 2018年日経ソーシャルビジネスコンテスト 海外支援賞受賞2019年日経ビジネス「世界を動かす日本人50」選出など

◆ ゲストスピーカー③:グロービス経営大学院 アフリカ部 北住竜哉

◆ プロフィール:グロービス経営大学院 公認クラブ:アフリカ部 代表幹事。アフリカ好きは黙ってても集まるので、アフリカ無関心層に対するタッチポイントとして情報発信+勉強会をやっていますが、アフリカ好きばかり集まってる気がします。(それはそれでありがたいことです!)アフリカだけが正解では無いので、社会課題xアフリカ・ビジネスxアフリカなど、無関心層でも自分ごとに捉えられる企画を模索してます。最近では「日本以外は大体アフリカ」との迷言のもと、部員とベリーダンスショーを見に行きました。踊り子さんも大学院仲間、ベリー最高!

◆ モデレーター:一般社団法人アフリカクエスト 代表理事 横山裕司

③ これからのアフリカを盛り上げる学生トークセッション(15:10~16:10)


昨今、インターンやボランティア、留学などでアフリカに渡航する大学生が増えています。なぜ大学生はアフリカを自身のフィールドに選んだのか。そこでどんな活動し、何を学んだのか。大学生の視点から、アフリカの魅力を語りつくります。

◆ 詳細:https://www.facebook.com/events/450879245756631/

◆ ゲストスピーカー①:阿部将貴
◆ プロフィール:慶應SFC3年。高2のときにベナン共和国でホームステイを経験。進学したSFCでドローン研究会に所属し、その可能性や魅力にハマる。「トビタテ!留学JAPAN」8期生としてベナンへ1年間滞在し、Afric-Drone社の立ち上げに関わる。現在はアフリカで挑戦したい若者が集うシェアハウス「アフリバ邸」を運営中。

◆ ゲストスピーカー②:大野夏奈子
◆ プロフィール:東洋大学3年。高校生の時にアフリカ人の身体能力を見てアフリカに行きたいと思いを抱く。大学1年に見たガーナの女子高校生の試合を見て現地に行こうと決心をし、2018年夏にガーナとセネガルでバスケットボールの旅へ!2020年夏にセネガルで長期滞在予定。(テーマ:女性問題×バスケットボール)

◆ ゲストスピーカー③:久米彩花
◆ プロフィール:立命館アジア太平洋大学 国際経営学部3回生。2018年 ザンジバル島(タンザニア)3ヶ月滞在。現地のスタートアップでインターンをしながら、専門としているサステイナビリティ×ファッションの活動の一環としてコットン農家の調査やアフリカ布を使った服を製作。現在はエシカルコーディネーターとして国内で講演やイベント企画、食料廃棄レストラン立ち上げの準備中。

◆ ゲストスピーカー④:坂本 克之
◆ プロフィール:福井大学国際地域学部4年。5歳の頃にジャンベの音を聞いてアフリカの文化にはまり、前世住んでたのではと解釈し、自称”国産アフリカ人”と名乗る。アフリカに対してのイメージを福井という地方から変えようと、福井で活動中。アフリカ歴はタンザニアとケニアへの渡航。現在は福井でアフリカイベントを行っていたり、タンザニアで市民共同発電所を建てている。

◆ ゲストスピーカー⑤:祖父江なつみ
◆ プロフィール:中央大学経済学部国際経済学科3年。日本とアフリカの遺児支援を行うあしなが学生募金事務局局長。2017年度冬に2週間ウガンダでの研修に参加。昨年休学をしJICAインターン生としてタンザニアに5ヶ月滞在。アフリカ布×ビジネスを目標に日々奮闘中。

◆ モデレーター:潟中弘貴
◆ プロフィール:慶應義塾大学環境情報学部4年。大学の授業で難民問題に興味を抱き、一年休学し「トビタテ!留学JAPAN」6期生としてイタリア、南アフリカで難民支援ボランティア、現地NPOインターンを経験。現在はゼミの活動でコンゴ民主共和国で起業家育成やプラットフォーム作りに従事。その他、アフリカ経験としてルワンダで起業プログラムに参加。日本ではアフリカ×シェアハウス「アフリバ邸」を共同運営中。


④ アフリカ×スポーツ:スポーツの活用可能性(16:20~17:20)


国を越えて親しまれ、言語を越えて友好関係を築くツールとして考えられているスポーツ。スポーツはアフリカの国々と日本を結び付ける強力なツールとなり得るのか。スポーツはアフリカの国々において今後、「ビジネス」のツールや「社会課題解決」のツールとしてどのように活用できる可能性があるか。スポーツをサッカーから踊りまで幅広く捉え、他の大陸での事業との比較も通してアフリカ特有の事情などについても考えてみます。

◆ 詳細:https://web.facebook.com/events/376916309647978/

◆ ゲストスピーカー①:伊藤政則

◆ プロフィール:株式会社太陽インダストリーアフリカ代表取締役。ナイジェリアにて農業ビジネス、アニメビジネスを展開しながら、現地政府と連携しアスリート留学生プロジェクトを実施。これまでに19名の現地高校生に日本留学の機会を提供し、多くの才能を発掘している。

◆ ゲストスピーカー②:赤井勇樹

◆ プロフィール:盆踊りを通した日本とアフリカの交流プロジェクト「Bon for Africa」を企画·実施。2016年JICA入構。ルワンダ事務所での研修、農村開発部を経て、現在は理事長室所属。農村開発部時代はアフリカ各国の小規模農家向け営農支援プロジェクト等を担当。

◆ ゲストスピーカー③:羽物俊樹

◆ プロフィール:サッカー東京ヴェルディのスポンサーを務めるスカイライトコンサルティングの代表取締役。サッカー元ブラジル代表のエジミウソン氏とともにブラジルにプロサッカー選手育成を目的として「Futebol Clube SKY Brasil」を設立。

◆ モデレーター:岸卓巨

◆ プロフィール:般社団法人アフリカクエスト理事。スポーツ異業種ネットワーク「NPO法人サロン2002」事務局長。青年海外協力隊時代にケニアにサッカークラブを設立。現在はTOKYO2020に向けたスポーツを通した国際貢献事業「Sport for Tomorrow」の企画・運営を担う。

⑤ 珈琲画ワークショップ(12:15〜13:15、14:15~15:15、16:15〜17:15)



画材に”珈琲”を用いた動物・人物の描き方のワークショップです。家庭にあるインスタントコーヒーを使った手軽な画法です。独自技法によるデッサンの方法も教えます!

ルワンダでの活動中に絵の具がなくなり、その場にあったルワンダコーヒーで着色を試みたのがこの珈琲画との出会いです。

◆ 詳細:https://web.facebook.com/events/1988391804595643/

◆ 講師:鈴木 掌 (つかさ)
◆ 講師プロフィール:画家、アートプロデューサー。先祖に即身仏がいる家系に生まれる。専門学校にてファッションを学び助手教員となる。アフリカ・ルワンダにて洋裁を5年間指導(青年海外協力隊:2011~13、外務省日本NGO連携無償資金協力事業:2013~15)。ミシンを持ち込んで、5年間で200人以上を指導した結果、スキル獲得により多くの若者が貧困から脱することができた。自身も現地の布などを使用してファッションデザイナーとして活動。

2016年帰国後、絵画制作を本格的に開始。アフリカの動物や人々また東アジアの龍・鳳凰などをテーマとし、蛍光色を含む色彩豊かなポップアート的な作品を生み出している。ライブペインティングや壁画・天井画など大規模作品の制作多数。またルワンダ時代に絵具がなくて始めた「珈琲画」の分野でも多数のワークショップを行っている。

ルワンダ現地に頻繁に出向いて子供たちに絵画を指導し、優秀な作品を日本や米国で販売してその売上を子供たちに還元する活動も行っている。パフォーミングアート集団『東京獣舎』主宰。茨城県つくばみらい市出身。

⑥ アフリカペイント体験ワークショップ(12:00~14:00、15:00~17:00)

大きな紙とクレヨンを使った"物語を描く"ワークショップです。参加者で全員で1つの絵を描き上げます。お子様でも参加できるワークショップですので、ぜひお気軽にご参加ください。

◆ 講師:アフリカンペイントアーティストSHOGEN

◆ 講師プロフィール:単身でアフリカのタンザニアへ渡り原住民と生活を共にしながら絵を描き続けた『生きる喜び』を描くペンキ画家。赤、青、黄、緑、白、黒色の6色のペンキを用い動植物のハッピーアートを描いている。
https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000050104

┏━━━━━━━━━━━━┓
◆3.出展ブース
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
①KESTES(ケニア協力隊有志による奨学金制度)
KESTES(ケステス)はケニアで活動中の青年海外協力隊有志により​組織されている奨学金支援団体です。経済的に通学が困難な状況にある高校生への支援活動を、30年以上に渡って続けています。

◆HP:https://www.kestes.org

②Alizeti(ルワンダ発ファッションブランド)

Alizetiは2016年に創立されたルワンダ発のファッションブランドです。アフリカ布を使ったモノづくりで、ルワンダでの雇用創出や職人の技術向上を目指しています。世界でひとつだけのモノを作れるオーダーメイドも承っております。“Alizeti”とはスワヒリ語で“ひまわり“。この事業に関わる全ての人々がひまわりのように輝けることを願っています。

◆ HP:https://alizeti.theshop.jp/

③Ay(コンゴファッションブランド)

コンゴ民主共和国発「世界一、愛が詰まったお洋服」Ay(アイ)。少しでも多くの人が愛を持ち、愛に気づくことができたら、あなたの世界はもっと輝くという願いが込められています。鮮やかな『リプタ』と呼ばれるコンゴの布を使いながらも、日本でもオシャレに着こなせる洋服をお届けします。

◆ HP:https://www.aymadeincongo.com

④ Metal Butterfly

コンゴ共和国のサプールから影響を受け誕生した、町工場発の世界に類を見ない金属製蝶ネクタイ。実在の蝶をモチーフにした鮮やかなカラーリングと、表・裏をワンタッチで付け替え可能なリバーシブル仕様が特徴です。売上の一部はアフリカの未来をつくる活動に寄付しています。サプールのメンバーも愛用!

◆ HP:https://www.nissei-kougyo.com/

⑤ AfriMedico
すべてのアフリカの人々に健康と笑顔を届けるために、日本発祥の「置き薬」の仕組みでアフリカ農村部に薬を届けています。

◆ HP:https://afrimedico.org/

┏━━━━━━━━━━━━┓
◆4.主催
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
主催:一般社団法人アフリカクエスト
後援:
①株式会社スカイライトコンサルティング
・HP:http://www.skylight.co.jp/
②アフリカに挑戦する日本人の為のWebメディア「AfricaQuest.com」
・HP:http://afri-quest.com/
・Twitter:https://twitter.com/Africa_Quest
・Facebook:https://www.facebook.com/africaquest/
③アフリカオンラインコミュニティ「Africa Quest Innovation Hub」
・プロジェクトページ:https://camp-fire.jp/projects/view/134259

※本告知文は、シェア・転送大歓迎です!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【注意事項】
・政治団体、宗教、ネットワークビジネス等の勧誘は禁止です。 会場にて見受けられた場合は、退出をお願いします。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#465701 2019-08-25 02:13:29
More updates
Sun Aug 25, 2019
11:00 AM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般チケット SOLD OUT ¥2,000
大学生チケット SOLD OUT ¥1,000
高校生以下チケット FULL
Venue Address
港区赤坂2丁目17−7 Japan
Organizer
アフリカビジネスラボ
1,469 Followers